格闘技ニュース

UFC | B.J.ペンがハワイのバーの前で乱闘騒ぎを起こす | UFCでの引退試合はまたも延期か?!

B.J.ペンがハワイのバーの前で乱闘騒ぎ

B.J.ペンがハワイ島のパホアにあるLava Shackというバーの前で乱闘している動画。8月27日の夜に起きた出来事だそうで、ペンはバックマウントから少なくとも3発パウンドを入れています。

 

こちらでは同一人物から左右のフックを浴びたペンがダウンしています。

6月25日にもホノルルのナイトクラブの前で

ペンは6月25日にもホノルルのナイトクラブの前で用心棒と乱闘騒ぎを起こしていますが警察が到着した時には現場に誰もおらず逮捕されていません。
クラブのマネージャーによるとペンは泥酔していたことから入場を断ったとのこと。それにペンが激怒し乱闘が始まったそうです

過去にはこんな事件も…

DVで訴えられる

UFCホール・オブ・フェーム・ファイターにして5月11日にリオデジャネイロで開催する『UFC 237: Namajunas vs. Andrade』でクレイ・グイダと対戦予定のB.J.ペンですが、最近10年来のパートナーからDVで訴えられ接近禁止命令と保護命令を受けていたことが判明したとのこと。

別居中のパートナーであるShealen Uaiwaさんは昨年10月にハワイ州家庭裁判所に仮処分申請を行い暫定的な接近禁止命令と保護命令が出されましたが、2月の審問により2021年10月8日まで延長されています。ペンはUaiwaさんとの連絡は制限され100フィート(30.5メートル)以上離れてないといけません。2人の子供と接触するのも保護観察官付きです。ただしペンは逮捕はされませんし犯罪の容疑も受けていません。

Uaiwaさんは2人の子供と彼女の母親の前で言葉による暴力、脅迫を受けて性的虐待も受けていたと主張。また、他の男性と性行為をするよう促したり、マリファナを吸うように言われてたとも主張しています。彼女によるとペンは14歳から麻薬常習者で子供の前でコカインを吸ったこともあるとのことですが、ペンはこれまで薬物で起訴されたことはありません。

B.J.ペンが婦女暴行容疑でUFC復帰が無期延期に

B.J.ペンの公式サイトでライターをしていた人物がツイッターでペンが昨年10月に交際相手の29歳の女性に性的暴行をしたとツイッターでコメント。警察にも通報しているとのこと。

これを受けてUFCは公式サイトであらゆる調査に協力するし詳細が判明するまでB.J.ペンの復帰戦を無期延期すると発表しています。

デイナ・ホワイトが激怒「UFCは2度と彼を使わない」

B.J.ペンのコメント。

「俺は最終的に試合がしたいし、歳をとったので人生をエンジョイしたいとも思ってる。俺のそばに常にボディガードを帯同させてトラブルを起こせないようにすればいいんじゃないか?」

「2人の娘はとてもかわいい。誰かが彼女らに何かしようものなら、またTMZに報じられるのは間違いない。(DVで訴えてきた)彼女は子供たちをカリフォルニアに連れて行くために自分が出来ることをやっている。それは彼女と彼女の夫の策略だ」

「(6月のナイトクラブの前の乱闘事件の相手は)バウンサーじゃない。ハプニングが起きて俺は自分の身を守るためにグラウンドで相手をホールドした。俺たちは異世界に住んでいる。俺は80年代のハワイで育ってきたが、タフな場所であることは知っている。だが俺に近づいて挨拶したり良いヤツらもいる」

「(8月のバーの前での乱闘事件は)知人が怒って喧嘩を売ってきたが、『いやいや、俺はやる気はないよ』と言った。彼を落ち着かせようとしてハグしながら外に出た。それで彼は落ち着いてくれると思っていたが、俺に良いパンチを浴びせてノックダウンさせられた。俺が立ち上がるとまた殴ってこようとしたので自分の身を守らなければいけなかった。それが2つ目のビデオだ。印象が悪く見えてしまったと思うし立場的にも責任を取らなきゃいけない。何もやりたくなかったが、殴られたことでアドレナリンが出てやり返してしまった。俺を信じて応援してくれる人たちには申し訳ないと思ってる」

B.J.ペンはニック・レンツ戦に向けてトレーニングキャンプをしたい等と話していますが、デイナ・ホワイトがESPNの取材で以下のコメント。

「B.J.ペンは二度と(UFCで)試合をすることはない。そういうことだ。以上」

「我慢の限界だとかそういう問題じゃない。いずれにしても私はもう彼に試合をして欲しくなかった。だが彼とのこれまでの関係や電話でもう一度チャンスをくれと頼み込まれると、こちらとしても断りづらかった。だが、あの動画を見てしまうと彼は試合について考える前に私生活を正す必要があると思った」

「私はテレビを通じて彼の人生のことを言いたくはない。私たちは全員B.J.ペンが何をすべきか分かってるし、できれば彼自身も何をすべきか分かってて欲しい。私は彼の父親でもないし指図はしない。B.J.ペンが自分で決めなくてはいけない」

「動画を見て悲しくなったよ。彼のことが好きだし良い人生を送って欲しい」

まとめ

日本では武道は肉体・精神・礼儀を重んじる素晴らしいスポーツのイメージがありますが、海外での格闘家はどう思われているのでしょうね。

なんか、きちんとした時期に見切りをつけて引退をできなかった格闘家の末路を見ているようで悲しくなります。全盛期は世界でNO1と言えるほどのトップコンテンダーだったのにその素晴らしい功績を子どもたちの憧れを汚さないようにして欲しいです。

五味隆典 VS B.J.ペン

今考えるとこの試合は夢の対決だったなぁ。
日本とアメリカのトップ選手同士の対決。
今のRIZINならば、BJペンを獲得してRIZINライト級GP参戦へ!となるかもしれません。

RELATED POST