格闘技ニュース

UFCファイターのケイン・ヴェラスケスが新日本プロレスに参戦か

ケイン・ヴェラスケスがサンフランシスコで新日本プロレスと非公式の会談を行ったとのこと。ヴェラスケスはメキシコのプロレス団体AAA(トリプレア)との契約があと2試合残っていますが、複数のプロレス団体がヴェラスケス獲得に興味を持っているとのこと。

ケイン・ヴェラスケスが以下のコメント。なお、AAAへの出場は9月15日と10月13日が決定しており、それで契約が終了します。

「(プロレスデビュー戦は)正直言って衝撃を受けたよ。どう思われるのか分からなかったし、どれだけの人が観戦したり視聴したりしているのかも分からなかった。だけどみんなからポジティブな意見を聞いた。最高だよ。衝撃を受けて妻にも『どうだ?』と一晩中聞いていた」

「自分に何ができるかを知ってるし、プロレスを学んだのは短期間だが、とても自然に感じた。これが好きだし、競争することが好きだ。今後の試合が待ち切れないよ」

「これを始めた今でもMMAのことはずっと好きだ。MMAの練習は続けているし、今後については分からない。どちらも好きだ。最初はこれが好きなのかも出来るのかも分からなかったが、自然に入っていけた。演じるところやエンターテイメントが好きだし、肉体で表現することはクールでもある」

「プロレスでは誰とでも上手くやれるし危険もない。闘い(MMA)は常に肉体に危険が伴っていた。ヒザなどあらゆるところにリスクが伴っていた。パンチ、キック、テイクダウンなど全ての攻撃を全力でやるし、対戦相手が何を仕掛けてくるのかも分からない」

「闘いには戻って来るつもりだが、今はプロレスをしている方が楽しい。次にやるのが待ち切れないし、プロレスをしたことのある最高の男の一人になりたい」

まとめ

ロンダ・ラウジーの例もありますからね。
そのうちWWEにも上がるかもしれませんね。
もちろんUFCにも戻って欲しいですけど、もしもケイン・ヴェラスケスを日本で見られるチャンスがあるのならば、それはそれでとても嬉しいですね。