格闘技ニュース

フロイド・メイウェザー VS 魔裟斗 | フロイド・メイウェザー VS 五味隆典

フロイド・メイウェザー VS 魔裟斗

 プロボクシングの元5階級王者、フロイド・メイウェザー・ジュニア(42、米国)が13日、都内のTMTジャパン事務所で行われた「トラストライン株式会社」とのライセンス契約締結会見及び「内山高志プレゼンツKNOCK OUT DYNAMITE賞金マッチトーナメント」の対戦カード発表に出席した。16日に参加費100万円のプライベート昼食会を開催するメイウェザーは、その一部を千葉の台風15号災害支援に寄付する考えを示し会見でポンと1万ドル(約108万円)を現金で主催者に渡した。また元WBA世界スーパーフェザー級王者、内山高志(39)の冠大会に自らがプロモートする推薦選手を2人送り込むことを明らかにした。年末には昨年大晦日の那須川天心(21)戦に続き、またボクシングルールによるエキシビションマッチを行うプランも進行中で、対戦相手には、元K-1王者、魔裟斗(40)の名前が急浮上している。

 

「メイウェザーが、日本にいるこの数日間でエキシビションの話をつめておきたいが、まだ何も決まっていない。体格差やネームバリューを考えると魔裟斗が候補の一番手。受けてくれるかどうか。ヴァンダレイ・シウバ(元PRIDE、元UFCなどで活躍)など重たいクラスの打撃系の総合格闘家でも面白いと思う」とは関係者の話。

メイウェザーには、今秋、サウジアラビアでエキシビションマッチを行う計画もあったそうだが、それが立ち消えとなったため、再び日本のリングに上がる計画を本格化する気で、日本の地上波放映と共にメイウェザーが契約している米国の有力ケーブルTV「ショータイム」で、その試合をPPV(課金)放送にしたい考えだという。

ただ魔裟斗が、たとえ現役時代であってもボクシングルールならば、メイウェザーはほぼ勝ち目のない相手。今年に入ってTMTサイドからの打診を魔裟斗は、一度、断っているという。昨年の大晦日の天心戦では、いい意味でも悪い意味でも、全世界に強烈なインパクトを与えたメイウェザーは、今年は一体誰と戦い“荒稼ぎ”するつもりなのだろうか。魔裟斗の動向も含めて格闘ファンにとって気になる“メイウェザー旋風”の行方である。

元々メイウェザー陣営はTBSに大晦日で魔裟斗とのエキシビションマッチを打診していたものの断られたことから、それにRIZINが飛びついて那須川天心とのエキシビションマッチが実現した経緯があります。

 

魔裟斗がSNSで「もうやらんて!」

魔裟斗がインスタグラムでこんなコメント

メイウェザーは、17年に50戦無敗で3度目となる引退を表明してから、昨年の大みそかに「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、“キックの神童”那須川天心(21)とボクシングルールでエキシビションマッチ(3分3回戦)に登場。フジテレビが生中継した。キックボクサーの那須川側には「キック一発5億円」、「足でフェイントしたりジャンプしたら5億円」など厳しい違約金の条件があったとされ、結果はメイウェザーがパンチで3度のダウンを奪い、TKO(1回2分9秒)で勝利している。

13日に日本で会見したメイウェザーは「今年もエキシビションマッチができればいい。実現する可能性はある。あとは正当なオファーと交渉があれば」と参戦の意向を示唆しており、大みそかの民放視聴率戦争ともリンクして、夢がふくらんでいる。既に対戦相手候補のリストは確認しているといい、今回は日本人選手ではなく、海外の著名選手との情報もある。

 

この投稿をInstagramで見る

 

もうやらんて!

魔裟斗さん(@masato.official)がシェアした投稿 –

フロイド・メイウェザー VS 五味隆典

五味隆典がインスタグラムでこんなコメント

五味隆典「魔裟斗さんやらないなら俺メイウェザーとやりたいなぁ」

 

まとめ

RIZINでのフロイド・メイウェザー VS マニー・パッキャオとの噂もあります。
さてさて、今年の年末にフロイド・メイウェザーの再登場はあるのか?