格闘技ニュース

イベンダー・ホリフィールドが3月にMMA主体の大会を開催/UFC系の大物選手も参戦

元プロボクシング統一世界ヘビー級&クルーザー級チャンピオンのイベンダー・ホリフィールドが都内で記者会見を開きました。

 元プロボクシングWBA・WBC・IBF統一世界ヘビー級&クルーザー級王者のイベンダー・ホリフィールド氏が10月1日、東京都内で会見し、日本法人「株式会社HOLYFIELD JAPAN(ホリフィールド・ジャパン)」の設立を発表した。年内の日本の他のプロモーションへの選手派遣を皮切りに活動し、来年3月、海外の大物選手を招き、MMAを主体とした大会を首都圏で開催する計画だという。大会名はまだ未定だ。

 会見にはホリフィールド・ジャパンの宮代東生COO、金澤祐治CEOも同席。金澤CEOは「埼玉県で総合格闘技のジムを経営し、DEEPやFighting NEXUSの運営に関わってきました。ホリフィールドさんを日本のリングに上げる、また海外から選手を招へいするためにホリフィールド・ジャパンを設立いたしました。ZUDONX(イベント制作)、スポンサーのBEATと提携して事業をしていきます」と挨拶。

宮代COOはホリフィールド・ジャパンの活動について「年末の格闘技イベントへ向けて話をしている選手が2人います。海外の選手で1人はUFCとの契約選手、もう1人はUFCとの契約が終了した選手です。誰もが知っている有名な選手で、オファーが上手くいけば日本で騒ぎになるだろうと思っています。その後、3月に格闘技イベントを開催し、定期的に開催していきます。試合場はケージではなくリングなのかなと思っています。現段階ではMMAが主となるイベントです。ただし、力量の差があり日本人選手を当てづらいのでルールは(ユニファイドとは)少し変えると思います」と発表。

「年末は他のプロモーションにホリフィールドさんがマネージメントする選手を派遣、3月大会に出場する選手にもパフォーマンスをさせたい」と言い、「RIZINさんともお付き合いがあります」とのことでRIZINが有力だ。

ホリフィールド自身は「3月に3Rのエキシビションを予定している。そのために身体をシェイプしていく。私がリングに上がることで勇気や夢を与えられたらと思う。現役のボクサーに戻るつもりはないので、エキシビションとしてやる。これからも頑張っていきたい」と、旗揚げ戦で那須川天心vsフロイド・メイウェザーのようなボクシング形式のエキシビションマッチをやると話した。

 また、3月に旗揚げされるイベントにはプロデューサー的な役割ではなく「様々なコネクションを持っているので、主に選手のマネージメントで協力していただきます」(宮代COO)と、ホリフィールド推薦選手が参戦するとのことで、今後RIZINを始め他のプロモーションにも選手を派遣していく方向性だという。

関係者によれば「コナー・マクレガーなどの有名な選手を日本のリングに上げたいとの意向のようです。今回はチャリティーがメインですが、年内に何らかの機会があればRIZINに顔を出すとか、選手のマネージメントをすることもあるかと思います。冗談か本当かは分かりませんが、エキシビションの相手にマイク・タイソンを考えているとか」との話もあった。

話をしている2人の選手のうち「1人はUFCとの契約選手、もう1人はUFCとの契約が終了した選手」とのことで、「UFCと契約中の大物でも、MMA以外の試合ならできると思います」とのこと。

イベンダー・ホリフィールドは1962年10月19日生まれで現在56歳。マイク・タイソン戦での伝説の「耳噛み事件」で有名ですね。