ニュース

東須磨小教員暴行事件 | 暴行していた教員A「そこまで(被害教員が)嫌がってるとは思っていなかった」 | 教師4人による暴行内容が続々と明るみに…カレーどころではなく殺人未遂だと話題

教員いじめの女性教員「(被害教員の)クラスを潰したれ」と指示【東須磨小校長会見】

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代教員が、同僚の先輩教員4人から目に激辛カレーをこすりつけられるなどのいじめを受けた問題で、同校の仁王美貴(におう・みき)校長が9日、神戸市役所で会見を開いた。

男性教員3人、女性教員1人による同僚いじめ。会見の中では、女性教員Dが児童に「反抗しまくって(被害教員の)クラスをつぶしたれ」などとあおるよう指示したり、「誰やねんそんなヤツ知らんで」などと無視するよう呼びかけていたことを明かした。

同校の聴き取りに対し、男性教員Aは「自分が面白ければよかった」「悪ふざけだと思っていた。そこまで(被害教員が)嫌がってるとは思っていなかった」「悪ふざけがすぎた」などと話していたことも明らかになった。

教師4人による暴行内容が続々と明るみに…カレーどころではなく殺人未遂だと話題

「顔に熱湯やかん」「首絞め呼吸困難」教諭4人、いじめ行為50項目

神戸市立東須磨小学校の教諭4人が後輩の男性教諭にいじめを繰り返していた問題で、被害教諭が市教育委員会に訴えている暴力や嫌がらせなどのいじめ行為が約50項目に上ることが、関係者への取材でわかった。激辛カレーを無理やり食べさせられたことなどのほか、新たに「熱湯の入ったやかんを顔につけられる」「首を絞められる」などの行為を訴えていることが判明した。市は来週にも弁護士などの調査チームを発足させ、事実関係の確認を進める。

市教委によると、加害教諭は30歳代の男性3人と40歳代の女性1人。関係者によると、関節技をかけられたり、熱湯の入ったやかんを顔につけられたりしたほか、首を絞められて呼吸困難になったことも複数回あったと訴えている。ビール瓶を口に突っ込まれてビールを飲まされ、空瓶で頭をたたかれることもあったという。はいていたジーンズを破られたり、カバンに氷を入れられたりしたほか、「お前みたいなやつ、いじってやってんねんから感謝しろ」などの暴言も数多く浴びせられたという。

関係者によると、被害教諭は、傷害や暴行容疑などでの告訴も検討している。

まとめ

あなた方のお給料は税金から賄っています。つまり、国民のお金でいじめをしていたとも取れてしまいます。