格闘技ニュース

コナー・マクレガー「1月18日のUFCラスベガス大会で復帰する」 | デイナ・ホワイト「契約にサインするような段階ではない」

コナー・マクレガー「1月18日のUFCラスベガス大会で復帰する」

コナー・マクレガーがモスクワで記者会見を開き2020年1月18日のUFCラスベガス大会で復帰戦をすることに合意したとコメント。対戦相手はドナルド・セラーニかジャスティン・ゲイジーが候補でセラーニの方が有力だそうです。

マクレガーは『UFC 245』でフランク・エドガーと対戦することを希望していましたが、同大会はすでに3大タイトルマッチが予定されていることから経済的な問題もありUFCから断られたとのこと。

また、マクレガーは「来年は3試合したい」とコメントしており、1月18日の後はホルヘ・マスヴィダル vs. ネイト・ディアスの勝者、ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. トニー・ファーガソンの勝者と対戦したいとのこと。ヌルマゴメドフがファーガソンに勝った場合はモスクワで再戦したいともコメントしています。

デイナ・ホワイト「契約にサインするような段階ではない」

デイナ・ホワイトのコメント。

「ああ、我々はコナーの復帰戦をその日にすることを目標にしている。だが間もなく契約にサインするような段階ではない」

対戦相手も含めて現在交渉中なので、まだ何も言えないようです。

また、マクレガーはパブで初老の男性を殴打した件や婦女暴行容疑といった法律トラブルを抱えていることも無関係ではなさそうです。

 

RELATED POST