格闘技ニュース

アンソニー・ジョンソンが復帰「闘って相手を傷めつけたい」

アンソニー・ジョンソンが復帰「闘って相手を傷めつけたい」

アンソニー・ジョンソンのマネージャー、アリ・アブドルアジズは3月の復帰を目指しているとコメント。

アンソニー・ジョンソンのコメント。

「俺はスリムになろうとしている。どういう意味か分かるか? 一時期280ポンドぐらいまで行ったと思うが、過去最悪だった。そんなことにはもうならないと思うが、必要なことでもあった。ドン底まで行ってからジムに行って自分のケアをする必要があった。8歳からジムに通ってると、どんな人間でも消耗するし休んで良かったと思ってる」

「今は戻って来たし、だいぶ良くなった。パンチはより強力に、ハードに、スピーディーになった。コーチからも『AJよ、お前はまだまだ危険なヤツだ』と言われた。スパーリングを始めた最初の2日間で2人をノックアウトしたし、全てが上手く行ってると感じている」

「今は240ポンドぐらいが調子が良いと思ってる。240ポンドでヘビー級に参戦できれば丁度いい。今でも強いと思っている。巨大なヘビー級ファイターになろうとは思っていない。ヘビー級にはモンスターのようなヤツもいるが、俺のアドバンテージはスピードだからだ。大半のヘビー級ファイターはパワーを持っているが、俺にはスピードもあるし、よりノックアウトパワーを持っていると思う。それを無くすわけにはいかない。ヘビー級ファイターはみんな素晴らしいし、彼らと対戦するのが楽しみだ」

「もう少しUFCと話し合う必要がある。いろいろ調べて解決すべき部分もあるが、見通しは明るい。何も悪い点はない。言い過ぎるのは良くないが、今は全てが順調だし心配はない」

「復帰時期4月か5月かもしれないし7月か8月かもしれない。どうなるかはいずれ分かるだろう。分かったら知らせるよ。復帰して、闘って、相手を傷めつけたい」

アンソニー・ジョンソンのマネージャー「彼は2020年にヘビー級で復帰する」

アンソニー・ジョンソンのマネージャー、アリ・アブドルアジズがジョンソンが2020年にヘビー級で復帰するとコメント。UFCで復帰するには復帰戦の6ヶ月前にはUSADAの管理下に入る必要があるため、近々手続きをして3月の復帰を目指しているそうです。復帰戦の相手はアリスター・オーフレイムやジュニオール・ドス・サントスを希望しているとのこと。

アンソニー・ジョンソンは現在35歳。1984年3月6日生まれなので復帰時は36歳になってると思われます。2017年4月の『UFC 210: Cormier vs. Johnson 2』でダニエル・コーミエのライトヘビー級王座に挑戦し、2Rリアネイキッドチョークで敗れた後に引退を表明していました。

QUINTETラスベガス大会にアンソニー・ジョンソン、ギルバート・メレンデス、チャド・メンデス、五味隆典らが出場

UFCが12月12日にネバダ州ラスベガスのレッド・ロック・カジノで『QUINTET ULTRA』という大会を開催することを発表。

今大会はチームUFC、チームPRIDE、チームStrikeforce、チームWECの4チームがエントリー

チームUFCにはアンソニー・ジョンソン、ショーン・オマリー、チームPRIDEには桜庭和志、五味隆典、チームStrikeforceにはギルバート・メレンデス、ジェイク・シールズ、チームWECにはチャド・メンデス、グローヴァー・テイシェイラらが出場予定。

日本時間12月13日正午からUFC Fight Passで生配信されます。