ニュース

指原莉乃が炎上 | 指原莉乃「九州では鍋のシメの雑炊を食べる前に自分のスープを戻す」

指原莉乃「九州では鍋のシメの雑炊を食べる前に自分のスープを戻す」

タレントの指原莉乃(26)が、実家で鍋のシメの雑炊を食べる前に「鍋に自分のスープを戻していた」と告白し、視聴者をザワつかせたようだ。

この発言があったのは、11月13日放送の『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)でのこと。今回の放送は、“東京には染まりたくない福岡の女”という題で、ゲストに福岡出身の芸能人を迎え、福岡女子の“あるあるトーク”を展開するという内容。

番組後半、福岡市博多区出身のタレントの重盛さと美(31)が、他のゲストにはない重盛だけの“あるある”として「鍋のシメを食べる前に自分のスープを鍋に戻す」という食習慣が紹介され、スタジオは悲鳴のような驚きの声があがり騒然。MCの後藤輝基(45)は「絶対アカン」とドン引きした。

すると重盛は、取り皿の具は全部食べており、スープだけ戻すから不潔ではないと説明したうえで、シメを雑炊にしたりちゃんぽん麺を入れたりするときにスープを戻したら、東京の友人に怒られたと告白。他のゲストに「戻しません?」と問いかけたが、誰も同意せず、後藤に「戻さへんよ! 家族でもイヤやわ」と完全否定された。

そこで、MCのSHELLY(35)が「家族(だけ)のルールだったんですかね?」と、問うと、重盛は地元の友人は当たり前で「まったく気にしなかった」とコメント。これを受け、後藤が指原に「どう? 大分県」と、指原の出身地の大分では、スープを鍋に戻していたか質問した。

指原は「私は、ちょっと……。空気になってたんですけど」と困ったような様子。そして「うちもそうでした」と、自身も戻していたと明かすと、「ここで言う勇気がなくて、マジで“黙ってよ”って」と、話題を振られないように存在感を消していたと告白。後藤に「都会派ぶるなよ!」とツッコまれた。

続けて、スープを鍋に戻すことついて、指原は「東京に来て、その文化はないんだって気づいてから、やらなくなってる」と説明したが、「実家はそうだった気がする。なんの違和感もなかったです。友達でも親戚でも、全然普通にやってたと思います」と振り返った。

「指原ふざけんなよ。大分県民がみんな鍋のスープ戻すみたいに思われるだろ。そんなことするの初めて聞いた」

これを見ていた視聴者の反応は、ツイッター上で「え? 戻さない地域があるの??」「別にいいじゃない。私は生まれも育ちも東京都民ですが普通にやってますし」と肯定的な声もあったが、ほとんどが否定的だった。特に九州の人たちからは「指原ふざけんなよ。大分県民がみんな鍋のスープ戻すみたいに思われるだろ。そんなことするの初めて聞いた」などと、ブーイングが相次いだ。

「スープを鍋に戻すという食習慣は、重盛と同じ福岡出身の博多大吉(48)も、13年12月放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)で当然のように“戻す”と発言し、物議を醸しました。その後、緊急企画として“鍋つゆ・戻す戻さない問題”と題してたアンケートを募ったところ、リスナーから300通以上メールが届き、結果は9対1ほどで“戻さない”が圧倒。大吉は番組の最後まで納得がいかない様子でした」(ラジオライター)――家庭の中でやっていれば問題なし?

統計によると戻す人は一定の割合でいる模様

RELATED POST