格闘技ニュース

UFC ブルックリン大会 | ついに実現! ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. トニー・ファーガソン

ブルックリン大会でハビブ・ヌルマゴメドフ vs. トニー・ファーガソンのライト級タイトルマッチ

UFCが4月18日にニューヨーク州ブルックリンで開催する大会(おそらく『UFC 249』)のメインイベントがハビブ・ヌルマゴメドフ vs. トニー・ファーガソンのライト級タイトルマッチになることが正式決定しています。

ヌルマゴメドフは『UFC 242: Khabib vs. Poirier』でダスティン・ポイエーに3Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合で今回が3度目の防衛戦。ファーガソンは『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でドナルド・セラーニに2R TKO勝ちして以来の試合。

ブルックリン大会 ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. トニー・ファーガソン

デイナ・ホワイトが4月18日にニューヨーク州ブルックリンのバークレイズ・センターで開催するナンバーシリーズの大会のメインイベントでハビブ・ヌルマゴメドフ vs. トニー・ファーガソンのライト級タイトルマッチを行うとコメント。共にまだ契約にサインはしてないものの交渉は詰めの段階だそうです。

ヌルマゴメドフは『UFC 242: Khabib vs. Poirier』でダスティン・ポイエーに3Rリアネイキッドチョークで勝利して以来の試合で今回が3度目の防衛戦。ファーガソンは『UFC 238: Cejudo vs. Moraes』でドナルド・セラーニに2R TKO勝ちして以来の試合。

両者は2015年から2018年に掛けて4度対戦するチャンスがあったものの、ヌルマゴメドフがケガと計量問題により1度ずつ、ファーガソンがケガで2度中止になっています。

RELATED POST
格闘技ニュース

井上尚弥に5億円のオファー | 来春ラスベガスで日本人初3団体統一戦 | ドネア「息子のためにトロフィーを貸してくれた井上に感謝」 | ドネア「イノウエが真の王者」| ノニト・ドネアのトランクスが『ドラゴンボール』だと話題 | 井上尚弥の最強3傑入りを示唆「井上はパッキャオのような存在になれる逸材」

格闘技のことならファイトトリップ – FightTrip – | 格闘技を溺れよう!