格闘技ニュース

UFC RIZIN | コナー・マクレガーの次戦はフロイド・メイウェザーとのMMA(総合格闘技戦)かボクシングでのマニー・パッキャオ戦か | ダナ・ホワイト「オファーはすでにしている」

コナー・マクレガーがボクシングでメイウェザー&パッキャオ戦を熱望

コナー・マクレガー(アイルランド)がボクシングでリングに上がる可能性が浮上している。しかも、元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)と6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が対戦候補。

マクレガーは18日(日本時間19日)に米ラスベガスで行われる「UFC246」のリングで試合予定。記事では「コナー・マクレガーは1年以上の時間を経て、初めてUFC246で土曜のリングに復帰するが、このアイルランド人ファイターはボクシングでのビッグマッチを見据えている」と紹介している。

今週末のメインカードで元UFCライト級&フェザー級2冠王マクレガーが1年3か月ぶりに復帰予定。“カウボーイ”ドナルド・セラーニとウェルター級で対戦するが、その先にはボクシングでリングに上がることを希望しているという。

メイウェザーに10回TKO負けして以来、ボクシングで戦っていない。しかし、同紙では「前2階級チャンピオンであるマクレガーはESPNのインタビューで『フロイト・メイウェザーまたはマニー・パッキャオとボクシングで戦うことに興味がある』と発言。

ボクシングについて『本当に最高の経験だった。だから、もう一度やりたいんだよ。きっと実現するだろうね』と語った」とマクレガーのコメントを紹介している。メイウェザーに関しては「あいつは俺との戦いを気楽にしか考えていないさ」「あいつは他の誰かと戦うだろう」とも述べているという。

ダナ・ホワイト「オファーはすでにしている」

「UFC代表のドナ・ホワイトは最近、メイウェザーと引退の撤回及びリングへの復帰の契約にこぎつけ、今夏(メイウェザーの代理人を務める)アル・ヘイモンと会談するという。ただ、マクレガーとメイウェザーの一戦にはMMAとの口頭で合意に至っているというものの、マクレガーは『(実際の合意とは)ならないだろう』と語った」

メイウェザーは昨年11月に自身のインスタグラムに「2020年に復帰するぜ」と投稿し、カムバックを示唆していた。

「もしメイウェザーが再戦することに乗り気でないなら、マクレガーにはパッキャオとの対戦の可能性が出てくる。マクレガーはパッキャオ戦のオファーはすでにしているというものの、戦うタイミングに関しては『まだだろうな』と語っている」と説明。実現すれば世界的ビッグイベントになる可能性もある。

コナー・マクレガーがトレーニング風景を公開

『UFC 246: McGregor vs. Cowboy』でドナルド・セラーニと対戦するコナー・マクレガーがインスタグラムでトレーニングの様子を公開。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Clean work at the gym with my team while DJ Bissett blasts the tunes! #9days #McGregorRecords

Conor McGregor Official(@thenotoriousmma)がシェアした投稿 –

コナー・マクレガー「ボクシングで世界タイトルが欲しい」「パッキャオからオファーは貰っている」とボクシング界への本格転向を示唆

コナー・マクレガーが、ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)との再戦を熱望した。

メイウェザーへ挑戦状を叩きつけたのである。『ESPN』のインタビューで、「俺はフロイドともう一度やりたい」と言い放っている。

「フロイドは再戦するべきだと思う。あいつも俺との戦いを望んでいると思う。実際、あの試合での俺は驚異的だった。敗因となったのは、俺がフィリーシェル・スタイル(L字ガード。ボクシングの型)への準備しかしていなかったからだ。今は、俺のボクシングのコーチからあらゆることを学んでいる」

当時の契約内容についてコメント

「リマッチとなった時には俺はフロイドを倒していた。あの時も、実は俺たちはボクシングをやったあとに、MMA(総合格闘技)ルールでやることになっていたんだ。契約書は残っていないけど、口頭合意はしていた」

ただ、マクレガーは「あいつが言っているようにMMAの試合は実現しないだろう。だからこっちも要求はしない」と語ったうえで、こう続けている。

「ボクシングはやりたいんだ。あいつと再戦することになれば、良い試合になるはずだ。マニー・パッキャオとも戦う話は来ているんだ。すでにオファーは貰っている。あらゆる可能性はあると思っていてほしい。とにかく俺は世界ボクシングでタイトルが獲りたいんだよ」

メイウェザーとの再戦だけでなく、“偉人”パッキャオとの対決も明言したマクレガー。この先、ボクシング界への本格転向をするかもしれない。

RELATED POST