格闘技ニュース

RIZIN | イリー・プロハースカがUFCと契約 | 高田延彦が東京五輪聖火ランナーに

イリー・プロハースカがUFCと契約

1月16日(木)、イリー・プロハースカが保持していたRIZINライトヘビー級チャンピオンのベルトを、RIZINに返上することとなった。

現RIZINライトヘビー級王者のイリー・プロハースカ選手がベルトを返上し、UFCと契約する事となりました。我々は彼の意思を尊重し、快く送り出します。RIZINのリングで凌ぎを削った経験を存分に活かし、是非UFCでもベルトを掴んで欲しいです。今後も変わらずイリー選手への応援を宜しくお願いします。

高田延彦が東京五輪聖火ランナーに

 

この投稿をInstagramで見る

 

私・髙田延彦、東京2020オリンピック聖火ランナーを務めさせて頂きます!あの東日本大震災を機に2012年より岩手県宮古市山本市長とのご縁で宮古市の子どもたちに向けた体育イベント・ダイヤモンドキッズカレッジを8年連続で開催を続けて参りました。そんなご縁で山本市長からのご指名を受け、大変光栄に感じております。日程は2020年6月18日(木)走行都道府県は岩手県になります。走行当日はこの大役を目一杯楽しみながら、トラブルなく次のランナーに聖火を繋げたいと心に誓って走ります。二度と体験出来ないであろうスペシャルな感覚をガッツリと記憶にハートに焼き付けながら貴重な一日を堪能しますよ!皆さん、一緒に盛り上げましょう! #Tokyo2020 @tokyo2020 @tokyo2020seika #Tokyo2020 #聖火ランナー #聖火リレー

髙田延彦(@takada_nobuhiko)がシェアした投稿 –