ニュース

新型コロナウイルス | 日本サッカー協会・田嶋幸三会長(JOC副会長)が新型コロナに感染

日本サッカー協会・田嶋幸三会長(JOC副会長)が新型コロナに感染

日本サッカー協会の田嶋幸三会長がコロナウイルス陽性であることが17日、分かった。Jリーグは同日、都内のJFAハウスで予定していた理事会後の記者会見を開始直前で急きょ中止した。会見場のあるJFAハウス内に新型コロナウイルスの感染、または感染者と濃厚接触した可能性のある人物がいることが判明したため。

Jリーグ理事会の会見が延期に…

会見場があるビル内で新型コロナウイルス感染の疑い
Jリーグは17日、都内で行われた理事会の記者会見を行う予定だったが、同じビル内で新型コロナウイルスに感染した疑いがある人がいるという情報が入り、急きょ会見が延期になった。

Jリーグ担当者は「当ビル内に感染の疑い、もしくは濃厚接触者がいる可能性がある」と説明。ビル内には、Jリーグや日本サッカー協会の他、旅行代理店や広告代理店などJリーグ関連企業が多く入っている。同担当者は「弊団体から感染者が出た場合は、速やかに発表する」とコメントした。

海外で感染か

田嶋会長は女子の日本代表「なでしこジャパン」が遠征しているアメリカで取材に応じ、東京オリンピック世代の強化試合について
「見通しは非常に厳しい。決断しなければならない時期に来ている」と話し、近く開催の可否を判断する考えを示しました。

RELATED POST