格闘技ニュース

K-1 | プロデューサー「発表している大会をちゃんとやるのが我々の仕事」

プロデューサー「発表している大会をちゃんとやるのが我々の仕事」

新型コロナウイルスの感染拡大防止のために大規模イベントの開催自粛が政府から要請されている中、さいたまスーパーアリーナで1万人規模の大会を開催するK-1の中村拓己プロデューサーが3月22日、大会当日に急きょ会見を開き、今回の大会の開催の経緯を説明した。

中村氏は冒頭「もともと開催が決まっていたイベントで準備をしていた。いろいろあったが、最大限の予防策を講じて開催することになった」などと開催を決断した経緯を語った。

そして、来場者にマスク配布、入場口ほか各所に消毒液の設置、サーモグラフィーの設置、ミネラルウォーターの配布、会場の扉をあけて常時換気、場内の撮影会・握手会は行わず物販は会場の外で行う――といった対応策を挙げた。また前日に行った計量や会見は無観客で行い、大会後のアフターパーティーも中止するという。

政府が自粛を要請しているなかでの開催については「自粛の話題は出たが、開催の方向でさいたまスーパーアリーナとも話をして、予防策を講じることにより開催するということに至った」そして「万全の対策ができるなら」と開催の決断に至ったという。

高校野球ら多くのイベントが中止・延期する中での開催については「発表している大会をちゃんとやるのが我々の仕事」と話した。

今回の開催にあたっては前日の21日夜に一部メディアが西村康稔経済再生担当相が主催者側に自粛を促すよう埼玉県の大野元裕知事に要請したことが報じられていた。

以降、SNSなどでも多くの批判的な声があがったが、中村氏は「いろんなご意見があることは理解している。我々としては会場と話し、最大限の予防策を講じる」などと話した。

 

RELATED POST
格闘技ニュース

RIZIN | RIZIN22、RIZIN23の対戦カードを発表 | フロイド・メイウェザー VS 朝倉未来戦の実現も!?「メイウェザーサイドとはずっと話はしている」 | バンタム級王座決定戦 扇久保博正 vs 朝倉海、矢地祐介 vs ホベルト・サトシ・ソウザ、浅倉カンナ vs 古瀬美月 | ムサエフ「これからもRIZINで戦うことになった」

格闘技のことならファイトトリップ – FightTrip – | 格闘技を溺れよう!