格闘技ニュース

RIZIN | バンタム級王者マネル・ケイプがUFCと契約 | マネル・ケイプ「セフードの言葉はフェイクだ」 | 扇久保博正「頑張れ、応援はしないけど」

バンタム級王者マネル・ケイプがUFCと契約

マネル・ケイプの所属するAKAタイランドが公式サイトでケイプがUFCと4試合契約を結んだことを発表。「マネルはAKAタイランドで休むことなくトレーニングしており世界チャンピオンになるのは当然のことでした。UFCとサインしたことはハードワークの証であり、彼がプロモーションで何をするか今から興奮しています!」とのこと。

マネル・ケイプ「セフードの言葉はフェイクだ」

RIZINバンタム級王者のマネル・ケイプ(アンゴラ)がUFCと4試合の複数試合契約を締結したことを、ケイプが所属するジム・AKAタイランドが発表した。

ケイプはUFCが縮小していたフライ級で参戦を予定している。

インタビューでは、セフードのトラッシュトークについて「あれはフェイクだ。ナチュラルじゃない。俺はフェイクな人間たちは好きじゃないんだ。誰だって自然なことはそうとわかるけど、注意をひきたくてイージーなことをやってるだけ」と斬り捨てる。

UFCとのサインは、AKAタイランド本部の事務所で行われ、元UFCファイターで同ジム主宰のマイク・スウィックらが見守るなか、ケイプは4試合の複数試合契約にサインをしている。

AKAは、「UFCとの大型契約にサインしました。これは彼がどれだけ頑張ったかの証だ。我々は彼をとても誇りに思うし、どれだけやれるか期待している」と記している。

ケイプは2019年大晦日に、堀口恭司が負傷欠場し返上したRIZINバンタム級王座をかけて朝倉海(トライフォース赤坂)と対戦。2R 38秒、右ストレートで海からダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。王座獲得に成功し、約1年半越しのリベンジを果たしていた。

朝倉未来との対戦をアピール

2020年2月22日の『RIZIN.21』浜松アリーナ大会前にも来日し、大会前日には朝倉未来との対戦をアピールしていたケイプは、大会当日にリングイン。

ファンの前で、「今回は格闘技のファミリーを連れてきました。ここRIZINは家に帰ってきたという気持ちです。バンタム級で王者の務めを果たしますが、新しい挑戦として、たとえばフェザー級でもキックボクシングでも、新たな挑戦があるかもしれません」と階級やルールを越えた試合にも意欲を示していた。

一般的にファイターは契約した試合数を消化すると独占交渉期間に入り、その間は他団体とは交渉することが出来ない。今回の契約は、さまざまな条件の隙間を突いた形となる。

イリー・プロハースカ(チェコ)が王座を返上し、UFCと契約

2020年1月にRIZINライトヘビー級王者イリー・プロハースカ(チェコ)が王座を返上し、UFCと契約

RIZINの榊原信行CEOは自身のツイッターで「我々は彼の意思を尊重し、快く送り出します。今後も変わらずイリー選手への応援を宜しくお願いします」と、後押しするコメントを発表しているが、現在のところプロハースカの試合はまだオクタゴンで組まれていない。

世界に感染拡大する新型コロナウイルスの影響もあり、大会数が激減している格闘技界。UFCはフライ級戦線を縮小しており、どれだけケイプの活躍の舞台が用意されるか。また、ケイプが返上することになるRIZINバンタム級のベルトは、新たに王座決定戦が組まれることになるのか。

UFCフライ級は、2020年2月29日に王者ヘンリー・セフードがバンタム級に専念するため王座を返上。1位にデイブソン・フィゲイレード、2位にジョセフ・ベナビデス、3位にジュシー・フォルミーガ、4位にアレクサンドル・パントージャ、5位にブランドン・モレノ、6位にアスカー・アスカロフ、7位にRIZINにも参戦したカイ・カラ・フランスがつけている。

RIZINバンタム級戦線はどうなるか。ケイプが持つベルトに挑戦が決定していた扇久保博正、ケイプへのリヴェンジを誓っていた朝倉海、さらに堀口恭司、石渡伸太郎、水垣偉弥、佐々木憂流迦、元谷友貴ら強豪日本人選手が揃っている。

さらに2月浜松大会で金原正徳にTKO勝利したビクター・ヘンリー、トレント・ガーダムに判定勝利した井上直樹、RIZINデビュー戦で鮮烈一本勝ちした金太郎も存在感を示し、大晦日「RIZIN.20」で元谷にギロチンチョークで一本勝ちしたパトリック・ミックス、8月大会で祖根寿麻からダウンを奪って勝利しているジャスティン・スコッギンスらも名を連ねている。今後の動向に注目。

扇久保博正「頑張れ、応援はしないけど」

マネル・ケイプがUFCと契約した件について扇久保博正がコメント。

RELATED POST