ニュース

15歳少年が祖母を殴り死亡させる「卒業式に来るなと言ったのに来て腹が立った」

15歳少年が祖母を殴り死亡させる

大阪府に住む15歳の少年が同居する祖母に暴行して死亡させたとして、家庭裁判所に送られていたことがわかりました。

警察によりますと3月15日午前5時ごろ、大阪府内の住宅で、「祖母が寝室で冷たくなっている」と、同居する15歳の少年から通報がありました。

消防がかけつけたところ、76歳の祖母が倒れていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。

少年は、祖母に暴行を加えた傷害の疑いで逮捕され、傷害致死の非行事実で家庭裁判所に送られました。

調べに対し、少年は「卒業式に来るなと言ったのに、来て腹が立った」などと容疑を認めています。

RELATED POST