格闘技ニュース

マイク・タイソン | チャリティーマッチでの対戦相手が難航 | RIZIN 榊原代表「日本に入国できればタイソン参戦のチャンスはある」 | ホリフィールドが対戦を熱望「私はタイソンを恐れない」 | レノックス・ルイス「自分は喜んでリングに上がる」

マイク・タイソンが53歳でのボクシング復帰宣言もチャリティーマッチでの対戦相手が難航

プロボクシング元世界ヘビー級3団体王者マイク・タイソンが15年ぶりにリングに復帰する準備を進めています。

 圧倒的なパワーとスピードで一時代を築いたタイソン氏。圧倒的なカリスマ性を誇り、伝説的な王者として今なお人々の記憶に残り続けている男が、再びグラブをはめる。親交の深いラッパーのT.I.とのインスタライブで、チャリティーマッチへ向けて、体を作り始めたことを明かしているという。

同チャリティーは、薬物依存者やホームレス支援のためのもので、タイソン氏は「ミット打ちを始めているが、きつい。体の調子は上がっているが、痛いね。トレーニングを続けて……、チャリティーマッチで3、4ラウンドは戦える体にしたい」と現状を口にしているという。

また具体的な練習内容については「2時間ほどトレーニングする。バイクとランニングマシーンをだいたい1時間やって、そこからウェイトトレーニング、最後にミット打ちを30分くらいこなす。もっとコンディションを上げなきゃな」と話しており、本人も意欲的な様子だ。

50勝(うち44KO)6敗、無効試合2という戦績を誇るタイソン氏。リングに上がるなら2005年以来、15年ぶりということになる。記事によると、「現在53歳になるタイソンは昨年、カリフォルニア州南部に40エーカーの農場を開園、そこで仲間とともに合法の大麻を育て同州やネバダ州の薬局・診療所へ販売を行っている」と現状を伝えている。

またチャリティーマッチの日時、対戦相手は未定となっている。

ホリフィールドも57歳で復帰示唆

 ボクシングの元ヘビー級3団体王者マイク・タイソン(米国)の53歳のリング復帰が話題を呼んでいるが、かつての因縁の相手イベンダー・ホリフィールド(米国)も57歳にして、カムバックを示唆している。米メディア「ボクシングニュース24」が報じている。

チャリティーマッチでの復帰が取り沙汰されているタイソンと、時を同じくしてホリフィールドも再びのリング復帰へと動き出しているのか。同メディアは「イベンダー・ホリフィールド、57歳のカムバックを示唆」と見出しを打って伝えている。

ホリフィールドが先週末に自身のツイッターで「Come Back」と投稿したことを受けて「57歳にして引退からのカムバックを示唆した」と報じた。さらに記事によると、ホリフィールドは昨年からエキシビションマッチ出場の意向を示していたという。57歳でリングに上がるとなれば異例中の異例。どこにモチベーションがあるのだろうか。

有名人の資産を計算したサイト「Celebrity Net Worth」によれば、ホリフィールドの純資産は50万ドル(約5300万円)だという。記事では「稼ぐことが可能なら、キャリアを再開させることは彼にとって理にかなっている」と金銭面が大きな目的だと推測している。

ホリフィールドが“耳噛み”タイソンとの対戦熱望

「ホリフィールドの目的は、自分と同じように夢がありながらも、経済的に恵まれていない子供たちに向けてお金を募ることである」とリングに上がる理由について触れた上で、同メディアのインタビューに答えたホリフィールド氏のコメントを紹介。それによると、タイソン氏との対戦に闘志を燃やしている様子だ。

「私はキャリアの中でやりたいことは全てやってきたし、できる限りのベストは尽くした。もしこれがチャリティーでなかったらタイソンとは戦わなかっただろう。この試合の勝者になりたいとかはない。この試合は基金のためのイベントだ」

こう語った上で「私はタイソンを恐れていない。もし彼が望まないのなら、私も提案しない。私はすでに彼を2度倒しているから、無理やり戦うのはいじめのようになってしまうからね」と現役時代に2戦2勝だった対戦成績を引き合いに、タイソン氏に対して余裕たっぷりに“挑発”もしている。

レノックス・ルイスも対戦に名乗り

 チャリティーマッチでの復帰が取りざたされているボクシングの元ヘビー級3団体王者マイク・タイソン(米国)。53歳でのリング復帰が俄かに注目を浴びているが、対戦相手候補の1人に浮上しているのはオールブラックスの英雄ソニービル・ウィリアムズ(ニュージーランド)だ。ボクシングとの二刀流でも知られる男は、タイソンとの対戦について「自分は喜んでリングに上がるよ」と対戦を熱望している。豪紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」が報じている。

タイソンは相手がボクサー以外なら試合拒否

 同メディアによると、タイソンの“復帰戦”の相手にはウィリアムズ以外にも、オーストラリアン・フットボールの名選手バリー・ホールや、ポール・ガレンらの名前が挙がっている。だが、タイソンが求めているのは“本物のボクサー”だという。

「マイク・タイソンはビル・ウィリアムズとの試合を『ボクシングへの冒涜』と認識。本物のボクサーとの試合を臨む」と題した記事では、「チャリティーマッチの相手に関して、マイク・タイソンはソニー・ビル・ウィリアムスやポール・ガレンといった候補に関心を示していない」と伝えている。

RIZIN 榊原代表「日本に入国できればタイソン参戦のチャンスはある」

 榊原代表が関係者と話したところ「(タイソンは)1分間だったら世界最強だと言うくらい、一発のパンチ力とかキレは凄いらしいよ。そう見ると、やっぱりマイクタイソンは生で見てみたいよね」と興奮気味。

タイソンの出で立ちを見て、「今も髭生やしていて、いい感じで枯れてきて雰囲気あるもんね。あれが花道歩いてきたらやばいよ。誰がやるんだって問題はあるけど」と現在の雰囲気についての魅力も熱弁する。現在、104kgの体重があるタイソンと、1分間でも日本人で互角に殴り合いを展開できるファイター果たしているだろうか。

それでも、これまで驚きのマッチメイクを実現してきた榊原代表は「日本に入国できれば(参戦の)チャンスあると思うんだけどな。色んな選手とのマッチもそうだけど、起きないような出ることのないような選手が出てくるのも、無茶苦茶インパクトあると思うんだけどな」と想像を膨らませる。