格闘技ニュース

白井・具志堅スポーツジムを閉鎖すると発表 | 具志堅氏「責任持って」

白井・具志堅スポーツジムを閉鎖すると発表

ボクシングの元WBA世界ライトフライ級王者具志堅用高氏(64)が会長を務める白井・具志堅スポーツジムは6日、7月31日でジムを閉鎖すると発表した。具志堅会長はホームページ上で「気力、体力ともに、これまでのように情熱を持って選手の指導に当たるには難しい年齢になったこともあり、ここが潮時と決断いたしました」とコメント。所属選手については「最後まで責任をもって移籍先を見つけます」とした。

同ジムは、95年に日本人初の世界王者である故白井義男氏を名誉会長、国内最多の世界王座13回連続防衛の記録を持つ具志堅氏を会長に設立。具志堅氏を慕い、沖縄出身の選手が多く所属してきた。17年5月には比嘉大吾がWBC世界フライ級王座を獲得。ジムとして5度目の挑戦で、悲願の男子世界王者が誕生した。

しかし、比嘉は18年4月の3度目の防衛戦で計量失格により王座を剥奪され、日本ボクシングコミッションからボクサーライセンスの無期限停止処分を受けた。この試合後には、比嘉がデビュー以来タッグを組んできた野木丈司トレーナーがジムを退職。今年2月に再起を果たした比嘉も、ジムとの契約を更新せず、3月11日付でジムを離れた。4月には、長年トレーナーを務めてきた元WBC世界ライトフライ級王者友利正氏も退職。所属選手の移籍も増えていた。

具志堅会長は、今後について「私にできることがありましたら、別の形でボクシング界に携わらせて頂ければと思っております」と記した。

RELATED POST
格闘技ニュース

UFC 衝撃結果の連続! | UFC 249: Ferguson vs. Gaethje トニー・ファーガソン vs. ジャスティン・ゲイジーの試合結果 | フランシス・ガヌー vs. ジャルジーニョ・ホーゼンストライク衝撃のKO決着!試合動画 | ヘンリー・セフードは引退を発表! | トニーファーガソン vs ハビブ・ヌルマゴメドフ戦はついに実現せず、幻のカードに | ドナルド・トランプ大統領がUFC再開を祝福「我々にはスポーツが必要だ」 | ホナウド・ジャカレイが新型コロナウイルスの陽性反応でユライア・ホール戦は中止

格闘技のことならファイトトリップ – FightTrip – | 格闘技を溺れよう!