ニュース

名神高速 | 車線変更の際に中央分離帯に衝突し5000万円のランボルギーニ炎上

5000万円のランボルギーニ炎上

京都市の名神高速道路で、イタリアの高級スポーツカーが接触事故を起こし炎上した。

午前8時50分ごろ京都市山科区の名神高速・下り線で「車が燃えている」と通報があった。警察によると、イタリアの高級スポーツカー「ランボルギーニ」が車線変更した際にトラックなど車2台と接触し、中央分離帯にぶつかり炎上した。運転していた男性が病院に搬送されましたが軽傷だ。

名神高速道路は京都東インターから京都南インターまでの下り線でおよそ1時間半にわたり通行止めになった。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4943×2098×1136mm
ホイールベース:2700mm
車重:1525kg(乾燥重量)
駆動方式:4WD
エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ
トランスミッション:7段AT
最高出力:770ps(566kW)/8500rpm
最大トルク:720Nm(73.4kgm)/6750rpm
タイヤ:(前)255/30ZR20/(後)355/25ZR21(ピレリPゼロ コルサ)
燃費:19.6リッター/100km(約5.1km/リッター、欧州複合モード)
価格:5567万2243円

RELATED POST