ニュース

日置5人殺害 | 死刑判決を受けた被告が検察側に飛びかかり大暴れ

死刑判決を受けた被告が検察側に飛びかかり大暴れ

2018年、鹿児島県日置市で5人を殺害したとされる男の裁判で、鹿児島地裁は11日、死刑判決を言い渡しました。

2018年、鹿児島県日置市で父親や祖母ら5人を殺害したとして殺人などの罪に問われた岩倉知広被告(41)の裁判員裁判。鹿児島地裁の岩田光生裁判長は、裁判の中で争われた被告の妄想性障害の程度については「軽微」であるとして、死刑判決を言い渡しました。

岩倉被告は、死刑の判決が言い渡された瞬間は落ち着いていましたが、10秒ほどたったあと検察側に飛び掛かり、「許されんぞ」という声をあげて暴れました。

法廷は遺族の「やめて」という叫び声が飛び交うなど騒然とし、全員外に出される中で閉廷となりました。

RELATED POST