格闘技ニュース

RIZIN | 榊原信行CEO「驚愕のサプライズが待っています」 | X vs. シバターが追加される

RIZINのサプライズ予告

 大みそかの格闘技イベント「RIZIN.26」(さいたまスーパーアリーナ)を控え、榊原信行CEO(57)が注目カードの行方とさらなる“サプライズ”の投入を予告した。

旗揚げから5周年を迎え、集大成大会のメインでは朝倉海(27)の持つバンタム級王座に堀口恭司(30)が挑戦する。両者とも勝てば米国の総合格闘技団体「ベラトール」の王座を目指したいとしているが、榊原CEOは「(ベラトール代表の)スコット・コーカーとは話をしている」と断言。ベラトールのバンタム級王座はフアン・アーチュレッタ(33=米国)が保持する。「まずこちらに来てもらって(大みそかの)勝者のタイトルに挑戦。そこでこちらが勝てば、アーチュレッタのベルトをかけてベラトールでリマッチになるのでは。その辺は来年早い段階で実現できると思います」と、水面下で2団体王者誕生に動いていると明かした。

一方、新しい挑戦として人気ユーチューバーのシバター(35)を第3試合のリングに上げる。この意向を「トップアスリートではない、爆発的にフォロワーを持ったインフルエンサーが格闘技界になだれ込むイノベーションが世界的に起きている。その上で僕らとしてはどんな賛否が起きるのかを含め、実験的にやってみることにしました」と説明。対戦相手は「X」とされてさまざまな臆測を呼んでいるが「本物の格闘家でいきます。間違っても他のユーチューバーとかイロモノ同士はやらせないです」とした。

加えて、大会当日に向けて「驚がくのサプライズが待っています。新たな格闘技の歴史を刻むビッグサプライズの予感を感じられる何かをお見せできると思います」。最後まで目が離せない年の瀬になりそうだ。

X vs. シバターが追加される

RIZINが12月31日にさいたまスーパーアリーナで開催する『RIZIN.26』の全試合順を発表。

既報カード通り全15試合…かと思いきや、さくら vs. 竹林エルが第1試合前のオープニングマッチ扱いになっており、第3試合にX vs. シバターが追加されています。

Xの正体は当日発表なのでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NOBUYUKI SAKAKIBARA(@nobu_sakakibara)がシェアした投稿

シバター

 総合格闘家・プロレスラーとしての顔よりも、過激な動画投稿の先駆けとして知られるYoutuberだ。現在は110万人の登録者数を誇り、その動画の中ではRIZINファイターの朝倉未来、朝倉海といった選手たちとコラボを行っている。

04年にパンクラスP’s LAB横浜に入門し、アマチュア大会で経験を積む。11年、12年にはTHE OUTSIDERで勝利をあげ、パンクラス、ZST、Fighting NEXUSへの参戦経験も持つ。ここまでにMMAファイターとしての大きさな実績は残せていないものの、関係者によると「ベーシックなMMAの動きやテクニックは持ち合わせており、相当な怪力の持ち主」という。

今回、執拗なアピールが実り、電撃参戦が決定。アメリカではローガン・ポール、ジェイク・ポールといったYoutuberがボクシングの試合にチャレンジし、大きな反響を巻き起こしているだけに、RIZINのリングでどれだけのインパクトが残せるのか、注目が集まる。

RELATED POST