格闘技ニュース

鶴竜が引退会見「中途半端に上がるわけには」

鶴竜が引退会見

現役引退した元横綱の鶴竜親方が、引退会見に臨んだ。

 

◇一問一答

-今の心境は

鶴竜 何かから解放された。そんな気持ちです。ボーッとしてるじゃないけど、何も考えずにいられる。

-来場所にかけると思っていたが決断の経緯は

鶴竜 直前のけがもそうだが、ここ最近けがで土俵に立つことができず連続休場できていた。たくさんの人にもう1度土俵に上がる姿を見せたいと思っていたが、気持ちの面で少しずつ削られて、体も悲鳴をあげて、中途半端に土俵に上がるわけにはいかない。引退という決断になった。

-気持ちが揺れた

鶴竜 けが早く治るかと思ったが長引いた。体をもう1回作るのは大変。その中で気持ちが切れてしまった。

-横綱として

鶴竜 休場多かった。けがして復帰、何回もあった。協会の人たちにも迷惑かけて、よくここまでやらせてもらった思いやる。これ以上は無理かなと自分の中で思った。

-土俵の未練は

鶴竜 決めた後に思うとよくここまでやれた、疲れたなと。けがさえ治ればやれる気持ちはあった。最後は残念だなと思う。

-(師匠に)どんな思い

陸奥親方 見ていてつらい部分もあった。一番苦しいのは本人。何とかもう1回という気持ちでいたが。

-大変な決断だが

陸奥親方 横綱は大変な地位というのが分かった。応援してもらった人たちに何とかもう1回、気持ちは伝わってくる。一方でもういいんじゃないかという思いもあった。最後は自分で決断した。ホッとした部分はあると思う。親方になって指導して、分かってくる部分はあると思う。

-(鶴竜親方に戻り)どんな思いが浮かぶ

鶴竜 まだそんなに時間たっていない。これからいろんなことが思い出されると思う。今はただただ、明日から体いじめなくていいんだとホッとしている。

-思い出はたくさん

鶴竜 16歳の若い子が夢を持って日本にやってきて関取になりたい、幕内になりたい、夢が広がって最後は横綱になれた。人間として男としてお相撲さんとして感謝の気持ちでいっぱい。

-大変な時期は

鶴竜 横綱に上がってからはほとんどけがとの闘い。今思うと数え切れないぐらい思い出ありますね。

-重圧は

鶴竜 上がった時から常に肝に銘じてというか、何かあった時でも相撲のことを考えてきた。今はそれから解放されて、うれしいというか、よかったというか、そういう気持ちですね。

-振り返ると

鶴竜 1通の手紙から始まったんで。「拾ってください」と。その言葉を守ることができたと思う。

-思い出の相撲は

鶴竜 いっぱいありますけど、やっぱり関取になれたのが一番がうれしかった。夢が広がったわけだから。最初の自分の目標。それを達成した喜びが大きかった。

-(師匠に)横綱は最初は一門の力士として見てきた

陸奥親方 やっぱりまじめ。余計なことを言わないし、本音も言わない。もともとそうだったのかなと。受け入れる方も不安あったが、一緒に生活して言ったことはちゃんとやってくれる。それでここまでこれたのかなと。

-一門を引っ張ってくれた

陸奥親方 みんなあこがれていたと思いますね。

-どういう親方に

陸奥親方 自分が苦労したことを押しつけるタイプではないと思うが、そこを厳しく言ってもらわないと強くならない。稽古場では厳しく、稽古場を離れたらやさしく。そういう親方になってくれたら。

-(鶴竜親方に戻り)先代師匠は

鶴竜 16歳で書いた手紙を読んで拾ってくれた。たくさん怒られましたけど一生忘れることないし、感謝しかない。稽古に対しては厳しい人だったが、離れたらやさしい。

-報告は

鶴竜 もちろんあいさつに行きたい。まだ行けてないですけど。

-子どもは

鶴竜 子どもに「もうパパはお相撲さんじゃなくなるよ」。「え、何になるの?」。「教える人になるんだよ」。「え、いいじゃん」と言われました。家族はずっと支えてくれた。本当に感謝したい。

-どういう力士を育てたい

鶴竜 人に教えるのは大変難しいと感じている。教え方、どうすれば強い力士が育てられるか、勉強していきたい。ただただ自分が経験してきたことを押しつけるのではなく、協会の看板を背負う力士を育てていきたい。

-横綱白鵬への思いは

鶴竜 自分が上がる前から横綱でいた。高い目標であったし、その高い目標を追いかけたから自分も横綱になれたと思う。

-貫いた信念は

鶴竜 絶対あきらめないが僕の信念かなと思います。

-横綱としての思い出は

鶴竜 いっぱいありますけど、けが乗り越えて責任果たせて優勝したこととか思い出す。もう1回責任果たしたかったが、それができなかった。

-決断したタイミングは

鶴竜 一昨日の晩から、もうこれは。また0からやり直して次の場所に間に合うのはという思いがわいた。これからの人生の方が長い。体のこともあるし、もういいかなと思った。

-来場所まで

鶴竜 やっぱり気持ちが切れてしまったというか、もういいかな、と。家族、親とも相談して納得して。

-横綱審議委員会(横審)から厳しい意見も

鶴竜 横綱の責任を果たせていないわけだから。これ以上は無理かなと思った。

-やってみたいことは

鶴竜 力士の時は運転できなかった。これから運転できる楽しみはあります。

-モンゴルの後輩へは

鶴竜 みんなそれぞれの運命。運もあるし。人に慕われる、後輩にも慕われる、いい人間に成長してほしいと思いますね。お相撲さんだけじゃなく、人間として成長してほしいですね。

-横綱という地位は

鶴竜 上がった当時は先輩から意見聞いたり、ビデオ見たり勉強した。ある時に気づいた。鶴竜は鶴竜。自分はありのままでいていいんじゃないか、と。それからは「横綱像」とかあまり考えなくなった。よくも悪くも7年間、やれたと思う。

-コロナがなければの思い

鶴竜 少なからずありと思います。(調整に影響)全くないと言わないが、外出できなかったりとかあったので。

-ライバル横綱への思い

鶴竜 そういう存在がいたからここまで長くとれた。負けない、自分も頑張る。そういう気持ちの張り合いがよかった。本当に感謝ですね。

-再起目指す白鵬へは

鶴竜 先輩だから。自分からエールは失礼。たくさん優勝して結果残している。また結果を残してくれると信じている。

-悔いは

鶴竜 全くないですね。やれることは全部やれたと思う。