ニュース

旭川いじめ事件 | 教頭が被害者のわいせつ画像を携帯で撮影 | 加害者を追っていたYouTuberが逮捕される

教頭が被害者のわいせつ画像を携帯で撮影

「母親は、事件後、爽彩の携帯電話のLINEを確認し、加害生徒にわいせつな画像を送らせられたり、脅されていたことを知りました。そのメッセージについて、警察に相談に行こうとしたのですが、その前にY中学校の教頭にも『こういうものが見つかった』と報告したのです。

教頭「わいせつ行為を強要されているLINEの画像の写真を撮らせてください。」

教頭からは『イジメの証拠はあるんですか? あるなら警察へ行く前に見せてください』と言われ、学校のミーティング教室で爽彩がわいせつ行為を強要されているLINEの画像を直接見せたそうです。

教頭は『写真を撮らせてください。すべて調査します』と、イジメの証拠となるLINEメッセージや画像を1枚1枚、携帯電話のカメラ機能を使って撮っていました。母親はY中学校を信頼して警察よりも先に相談したのです。あの証拠のLINE画像をY中学校は間違いなく把握していた。それなのになぜ『イジメはない』という結論に至ったのか、真相を必ず明らかにしてほしいです」

教頭のおっぱぶ通いが判明

この先生、私が中学の時に社会の先生だった…。 ユーモアある先生で生徒からも人気だったし、バスケ部の顧問も頑張ってた。 でも、数年後、私が働いてたおっパブに急にあらわれた時に「こいつ風俗好きかよ!」って、なんか一気にキッショ!って思った記憶ある。

旭川市がイジメの再調査をすると発表

旭川市がイジメの再調査をすると発表した翌日の4月23日、爽彩さんが最期を迎えた公園には生花が供えられていた。親子連れが手を合わせていたほか、ずっとその場を離れず涙する保護者もいた。

加害者を追っていたYouTuberが逮捕される

自称ユーチューバーの男が旭川市の10代の女性からSNSを通じて無理やり話を聞こうとしたとして、強要未遂の疑いで逮捕された。

逮捕されたのは、自称、相模原市のユーチューバー、東優樹容疑者

被害の相談を受けて警察が捜査した結果、東容疑者が関与した疑いが強まったとして、26日、宿泊先の旭川市のホテルで任意同行を求め、逮捕。

調べに対し、「やったことは間違いありません」などと供述しているということです。

被害者の女性は亡くなった女子生徒の知り合いで、警察は、東容疑者が生前の女子生徒について話を聞き出そうとしたと見て捜査しています。