格闘技ニュース

RIZIN | 那須川天心の対戦相手が決定

那須川天心の対戦相手が決定

13日のRIZIN28大会(東京ドーム)に出場する那須川天心の相手3人が決まった。

これまで、対戦相手を探し続けてきたが、オファーをしても合意に至らなかった。今月1日に那須川が自身のSNSで、3人の選手と戦う意向を示し募集を募ったところ、さまざまなジャンルから約500人の応募があったという。榊原氏は「我こそはと思う選手がいてくれたことにホッとした。いろんな契約下にある中でも手を挙げてくれた選手もいた」と感謝した。

大崎孔稀

1人目はRISEを主戦場とするキックボクサーの大崎孔稀(21=OISHI GYM)。30戦24勝の実績を持ち、榊原氏は「キックだけではかなわないが打撃のみ3分間なら、チャンスが生まれてくると思う」と語った。

HIROYA

2人目はキックボクサーのHIROYA(29=TRY HARD GYM)。昨年末の大会ではユーチューバーのシバターの相手Xとして対戦し、敗れた。榊原氏が声をかけ「やってもいいよ」という返事がきたという。HIROYAは75キロで出場するため、グローブハンディを付ける。

「X」として当日発表

3人目は決定しているが「X」として当日発表となる。榊原氏は「当日皆さんに驚いてもらえると思う」と語った。

キックがあると天心の独壇場になってしまう

今回は「最大の武器であるキックがあると天心の独壇場になってしまう」(榊原氏)と、ボクシングに準じたルールで、那須川にとってキック封印の条件となった。シューズの着用は自由。3ノックダウン制で、バックハンドブローは認められる。また、本来55キロが適正体重の那須川は、今回62キロで出場するという。

この試合は「那須川天心VS3人スペシャルマッチ」として行われ、1人目の大崎、または2人目のHIROYAが那須川に勝利すれば、その時点で試合は終了となる。