格闘技ニュース

朝倉未来「引退も含めて考える」「ここで負けて、格闘技を今後やっていく意味があるのか」

今後については「引退も含めて考える」

朝倉未来が、クレベル・コイケに三角絞めでプロ格闘家として初の失神一本負けを喫した。

今後については「引退も含めて考える」と発言。格闘技界に貢献してきた朝倉が、岐路に立たされた。

「肘でコーナーに押しつけられた」と右まぶたは大きく腫れ上がり、ぼうぜんと座り込んだ。「組み力は思ったよりなかったので、安心してしまった。結果的に強かったなと」と振り返った。

危ないと思ってい

試合前まで34戦27勝のうち、一本勝ち、KOが25勝というクレベルと、プロで一本負けが1度もなかった朝倉。「理想はテークダウンを取られずに判定勝ち」と予想するも、1回から捕まり、想定外の展開に。何とか回避し、その後の打撃でダメージを与えたが、KOまで追い込めず、回復の時間を与えてしまった。「完全に戦意喪失していないと危ないと思っていかなかった」。2回も相手の細かい蹴りでコーナーに詰め寄られると、再び寝技に持ち込まれ、持ち味の強い打撃を発揮できずに終わった。

「ここまでなんだな」と感じた

今後について「引退も含め考える」と明かした。描いていた幻想が打ち砕かれ「ここまでなんだな」と感じたという。この日バンタム級トーナメントで勝利した弟の海は「僕としてはまだやって欲しい」と現役続行を願った。

「ここで負けて、格闘技を今後やっていく意味があるのか」。強気な発言の多い朝倉から、後ろ向きな言葉が次々と語られた。来月には29歳になる。以前から「30歳で引退」と語っていた朝倉。身を引く覚悟をしかねないほどの完敗だった。

 

RELATED POST