ニュース

駒澤大学 | オンライン授業で全学部・全学年向けにエロ動画を配信

駒澤大のオンライン授業で、教員が閲覧していた性的な画面が学生に共有されていたことが分かった。

同大は「受講生の皆さまには、ご不快・ご不安な思いをおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪し、「受講生のケアに努める」としている。

「画面がやばいです」「大丈夫かこれ」

授業に出席した学生によれば、全学部・全学年向けの授業で事態は起きた。講師がパソコンで閲覧していた海外のアダルトサイトが、出席した約90人に共有された。

学生から提供された画面の録画映像を確認すると、実際にアダルト動画も再生されていた。出席者のメッセージ欄には「画面がやばいです」「大丈夫かこれ」との指摘が相次いでおり、複数人が退出していた。

講師「パソコンの不具合でした」

講師からは授業後に「パソコンの不具合でした」との旨の説明があったという。

学生の一人は「真面目に授業を受けているのに、アダルトサイトの画面が共有された事に憤りを感じました。正直、今後この講師の授業を受けたいとは思いません。早く説明や謝罪が欲しいです」と怒りをにじませた。

「ふと魔が差した」

講師は出席した学生に「休憩時間中の不適切な出来事について、お詫びしなければなりません」とメールで謝罪した。

「不適切なWebサイトにアクセスし、それが出席者の皆さんの目に触れました。受講生の皆さんに、精神的な不快感を生みだしてしまいました。講師としてあるまじきことと赤面の至りです。オーバーワークの中で疲労が積み重なる中で、ふと魔が差したものですが、言い訳にはなりません。ついてはこのまま授業を継続することはできません。ついては連絡をおまちください」

大学広報課に16日、取材を申し込むと、同日にウェブサイトで「オンライン授業中に当該授業を担当する非常勤講師により、不適切なWebサイト画面が受講生に共有されたとの事実を確認しました」と声明を発表し、「教育に携わる者として、軽率かつ不誠実な行為であり、あってはならないことです。受講生の皆さまには、ご不快・ご不安な思いをおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 

RELATED POST