格闘技ニュース

ショック… | 闘病中のアントニオ猪木

新間寿「本当に元気になってほしい」

初代タイガーマスクの佐山サトルが主宰するストロングスタイルプロレスの新間寿会長が、闘病中のアントニオ猪木に「本当に元気になってほしい」とエールを送った。

「猪木は死なない。残りの人生をアントニオ猪木にささげる」

新間氏は、12日にSNS等にアップされた猪木の画像を見て「ショックだった」と肩を落とした。猪木氏の「元気を与えるはずの猪木が、元気のない姿だったので残念だった」と話した。

自身もこの日、心臓の手術を受けていたことを明かし「大丈夫です」と笑顔を見せた。3月3日の後楽園大会では、猪木の病状を聞いて涙を流し「猪木は死なない。残りの人生をアントニオ猪木にささげる」と語っていた。新日本プロレス立ち上げから猪木とともにプロレス界を支え、苦楽をともにしてきた。「元気になってくれると願っている」と力強く語り、回復を願った。