格闘技ニュース

RIZIN | シバターが『BREAKING DOWN』に参戦

シバターが『BREAKING DOWN』に参戦

2021年7月4日(日)、朝倉未来(トライフォース赤坂)がスペシャルアドバイザーを務める試合時間1分の総合格闘技大会『BREAKING DOWN』が、トライフォース赤坂にて開催される。

その、第19試合に「ヘビー級スペシャルワンマッチ -120kg」として、シバターの参戦が決定。“システマ芸人”みなみかわと対戦することを朝倉未来がSNSで発表した。

 対戦相手は「ロシアの軍隊格闘術システマを操る」というお笑い芸人・みなみかわと発表されている。

システマは“痛みをコントロールする”実戦格闘術として知られている。恐怖を感じたときにかかる「テンション」を上げないように、『呼吸』『リラクゼーション』『姿勢』『動き続けること』を応用し、相手の攻撃に対処。痛みを分散させるのだという。

みなみかわは、システマ東京代表の北川貴英氏を師匠に持ち、事後承諾で『ウチのガヤがすみません!』等に出演。相手の攻撃を受けながらも特別な呼吸法により「全然痛くないです」の言葉で人気を博している。

みなみかわ氏 プロフィール

南川 聡史(みなみかわ さとし、1982年9月28日(38歳) – )

・大阪府出身、血液型AB型、身長181cm。浪速高等学校、関西大学出身。既婚。
・ピン芸人小森園ひろしは高校の同級生で、アメリカンフットボールをやっていた。
・R-1ぐらんぷり2008 準決勝進出。2009年は2回戦敗退。
・ロシア武術、システマを習っている。呼吸法をすることにより総合格闘技、ブラジリアン柔術経験者の吉田にどんなにパンチ、キックをされても痛くないという芸を「ざっくりハイタッチ」で披露している。

RELATED POST