ニュース

サッカー | イギリス政府が会場にフルで観客を入れてサッカー観戦したらどうなるかを実験した結果

観客計約6400人が新型コロナに感染

新型コロナウイルスの感染対策の効果を実証するため、英政府が大人数の観客の入場を認めた6~7月のサッカー欧州選手権で、観客計約6400人が感染したとみられることが、政府が20日に公表した調査報告書で明らかになった。

調査した研究者らは、密接状態で「ウイルスがいかに容易に広がるかが示された」と指摘、注意を促している。

6万人以上を収容した決勝、準決勝を含む計8試合分を集計

10カ国11都市を会場とした同選手権のうち、ロンドンの競技場で開催し、6万人以上を収容した決勝、準決勝を含む計8試合分を集計した。

感染者の多くは、イングランド代表がイタリア代表に屈した決勝の観客。英紙タイムズは、決勝が感染を一気に広げる「スーパースプレッダー」となったと指摘している。

約6400人に感染を広めた可能性がある

報告書によると、試合の観戦希望者には陰性かワクチン接種証明の提示を求めていた。
しかし陽性確認の時期や潜伏期間などから、3千人超が試合時には既に感染していたとみられ、>約6400人に感染を広めた可能性がある。