ニュース

反ワクチン派 | 人生や収入に強い不満を持つ人の集まりだと判明

反ワクチン派の人は人生や収入に強い不満を持つ人の集まりだと判明

自分の生活やマスメディアへの不満が強い人ほど、偽情報を信じやすい――。

国際大グローバル・コミュニケーション・センター(東京)の研究チームの調査で、そんな傾向が明らかになった。センターの山口真一准教授は、新型コロナやワクチンを巡るデマや陰謀論の拡散にも、こうした心理や考えが影響しているとみている。

「人生」「人間関係」「収入」に「不満・不安を感じている」人ほど偽情報を判断できる確率が低い。

アンケートは2020年9月、15~69歳の男女約6000人にネットで実施。「PCR検査は普通の風邪も検出する」「5Gがコロナを広めている」などのコロナ関連と、政治関連の計20の偽情報について聞いた結果、約半数がいずれかを見たことがあった。誤りと見抜けなかった割合は56%だった。

研究チームは不満などとの関係を分析。「人生」「人間関係」「収入」などに「不満・不安を感じるか」を7段階で尋ねており、強い人ほど偽情報だと判断できる確率が低かった。

RELATED POST