ニュース

山口真由 | 岸田新総裁に「東大に3度落ちるなんて、ちょっと勉強すれば受かるでしょ?」「法学部以外は人にあらず」

山口真由「東大に3度落ちるなんて、ちょっと勉強すれば受かるでしょ?」

元財務官僚で弁護士の山口真由氏が2日、読売テレビ「あさパラS」に出演。自民党の新総裁に選出された岸田文雄氏の〝人柄〟について語った。

番組では「父も祖父も衆院議員」「政界きっての酒豪」「東大受験に3度失敗」など岸田氏のプロフィルを紹介。それを受けてコメントを求められた山口氏は「私、東大に3度落ちるなんてよっぽど受験が好きなんだな、って思いました。だってちょっと勉強したら受かっちゃうじゃない?」と意地悪な口調で指摘した。

東京大学法学部を首席で卒業した山口氏だけに説得力があったが、さすがにこれは〝ボケ〟。MCのハイヒール・リンゴから「イヤな女や!」とツッコまれると、右手を大きく振りつつ「嘘! 嘘!」と弁解した。

その上で山口氏は「女性官僚からはすごい評判がいいですよ。でも、官僚の中には『聞いてくれるんだけど反応がなくて、ずっと目つぶって聞いてるから怖い』って言う人もいますけど、外務省の女の子たちはすごいいいことを言う」とまじめに明かしていた。

山口真由氏「まぁ、法学部以外は人にあらず、ですよ」

東大の中での序列にも言及。
「東大の何学部ですか?法学部ですね?」には「まぁ、法学部以外は人にあらず、ですよ」。山口氏は、プロフィールで紹介される「首席で卒業」という表現は、最近は避けてもらっているとしながら

「4年間『優』以外見たことがない。だから学生時代は『良』を取るのがすごく難しいと思っていて…」 などと話した。

山口真由 経歴

2002年 3月 – 筑波大学附属高等学校を卒業。
2002年 4月 – 東京大学教養学部文科一類に入学。
2004年 4月 – 東京大学法学部に進学。
2004年 – 3年次に司法試験に合格。
2005年 – 4年次に国家公務員採用Ⅰ種試験(試験区分:法律)に合格。
2006年 3月 – 東京大学法学部を首席で卒業。学士(法学)の学位を取得。平成17年度東京大学総長賞(学業)を受賞。
2006年 4月 – 財務省に入省。主税局調査課に配属される。
2008年 – 財務省を依願退官。
2009年 – 弁護士登録(62期、第一東京弁護士会)。
2009年 – 長島・大野・常松法律事務所アソシエイト(2015年まで)。
2015年 9月 – ハーバード大学ロースクールに入学。
2016年 8月 – ハーバード大学ロースクールでLL.M.の学位を取得。
2017年 4月 – 東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程に入学。
2017年 6月 – ニューヨーク州弁護士登録[1]。
2020年 3月 – 東京大学大学院法学政治学研究科総合法政専攻博士課程を修了。博士(法学)の学位を取得。
2020年 4月 – 信州大学先鋭領域融合研究群社会基盤研究所特任准教授。
2021年 4月 – 信州大学先鋭領域融合研究群社会基盤研究所特任教授。

岸田総裁 経歴

祖父 帝大 →政治家
父 東大法学部→通産官僚
兄 東大法学部→財務官僚
本人 二浪→早大法学部

親戚 宮澤喜一 東大法学部→財務官僚
従弟 宮澤洋一 東大法学部→外務官僚

父が放った言葉
「お前はウチではじめての高卒だ」
「東大法学部以外の大学は大学じゃねーんだよ、ウチでは」