ニュース

小室佳代さんに「詐欺罪」で刑事告発

小室佳代さんに「刑事告発」

眞子さまの婚約者である小室圭さんの母・佳代さんが「詐欺罪」で刑事告発されたと、NEWSポストセブンが報じている。

「今年はつややかにまいりましょう」と文言が添えられている  報道によると、あるジャーナリストが東京地方検察庁に告発状を提出。

佳代さんには、遺族年金を受給しながら、夫との死別後に別の男性と生計をともにしていたのではないかという「遺族年金の不正受給疑惑」と、“適応障害” を理由に傷病手当を受けながら、他の店で働いて報酬を得ていたのではないかという「傷病金手当の不正受給疑惑」がある。

これらの不正受給が事実なら、詐欺罪に当たる可能性があるのではないかとジャーナリストは主張している。

受理されれば、本格的な捜査が始まる

告発状の受け取りは拒否されておらず、次の関門は受理されるかどうか。受理されれば、本格的な捜査が始まることになるという。 「眞子さまと小室さんの結婚がこれほどまでに注目されるのは、やはり佳代さんの “金銭トラブル” が報じられたからに他なりません。

ネットでは、《真実の追及を求めます》《声を上げたジャーナリストすごい》といった意見が見られますが、眞子さまと小室さんからすれば、“最悪のタイミング” と言えるでしょうね」

10月26日、眞子さまと小室圭さんは結婚会見をおこなう予定になっている。

前出の皇室ジャーナリストは、会見を間近に控えた眞子さまの “ご心痛” を懸念する。 「眞子さまからすれば、やっとこぎつけた結婚です。10月1日、宮内庁は、お2人の結婚を発表すると同時に、眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態になっていることも明らかにしています。

会見に同席した秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長は『自分自身と家族、結婚相手と家族に対する、誹謗中傷と感じられるできごとが長期的に反復され、逃れることができないという体験をされた』と説明していました。

その直後に、義理の母が刑事告発されたわけです。あまりにも困難が連続することから、結婚後も眞子さまのメンタル面が非常に心配されます」

RELATED POST