ニュース

RIZIN | ボビー・オロゴンがMMAリングに復帰

ボビー・オロゴンがRIZINのリングで復帰

14年ぶりのMMAリング復帰へ――。

格闘技イベント「RIZIN.31」を目前に榊原信行CEO(57)がインタビューに応じ、展望を語った。

ボビー・オロゴンの緊急参戦も示唆

さらに年末にタレントのボビー・オロゴンの緊急参戦も示唆した。

大会は目前。今の思いは

榊原CEO(以下榊原) 斎藤裕をトップにして興行が打てることをうれしく思うというか。(未来と海の)朝倉兄弟もいない、堀口恭司もいない、那須川天心もいない、RENAもいない。これまでメインを張ったことのない選手にメインを託して大会を開催できることをうれしく思うし、勝負できるラインアップが並べられたと思う。

通好みというかシブいカードだ

榊原 興行って「ため」をつくらなくちゃいけない大会ってあるんですよ。消耗していくだけでは続かない。今回はある意味で大みそかに向けて、次の流れが生まれてくる大会になるんじゃないかと思います。この先の流れで、とても大切な句読点が打たれる大会になるという自信と期待感があります。

斎藤への期待値が相当高いように見える

榊原 1年でだいぶ風格も自覚も出てきたし。地位が人をつくっていくというか。プレッシャーとかストレスとかに押しつぶされるんじゃなくて、それをエネルギーに変えられる選手なんじゃないかという期待感はすごくあります。新しい求心力を持つスターになる予感がします。

その斎藤との対戦がキャンセルになったクレベル・コイケについては?

先日「斎藤選手、そしてご尽力いただいていた関係者皆さまに、この場をお借りしておわびしたいと思います」とコメントを発表した  榊原 うちには何のアクションもないですよ。

そうなんですか

榊原 うん。「RIZINでやっていきたいんです」という思いを持っているならそう伝えてくれないと…。今のままだと、僕らはオファーのしようがない状況です。

タレントのボビー・オロゴンが自身のユーチューブで「RIZIN.32」(11月20日、沖縄アリーナ)参戦を発表

動画を上げたが、すぐに削除。あれは…  榊原 「フライング」しちゃったんだよ。なんか、動画を用意してたのが出ちゃったんだって(苦笑い)。

では、参戦するんですね

榊原 それは「24日を見に来てください」としか今は言えないです(苦笑い)。ちょうどさっき、ボビーから「謝りに行きます」って連絡がきたんだけど「来なくていい」って言いました(怒)。

年末のデビューを発表したサッカー元日本代表FW三浦知良(横浜FC)の次男・三浦孝太選手(19)の現状は

榊原 大みそかに向けて本人もモチベーション高く(練習を)やっています。先日うちのスタッフが見に行った感じからすると、期待値は上がっています。でも全くの初の試合なので、そのレベルで合いそうな選手を今、必死に探しているところです。

最後に、ファン注目の那須川天心と武尊の一戦はどうなるのか

榊原 厳しい。お互いのすれ違いが埋まってないですね。「どこかで歩み寄れる道を」と思っていろんな選択肢を僕らは用意したんですけど…。

――やらないとなれば大みそかは他のカードを用意しなければならない。リミットは迫っているのでは  榊原 ギリギリのところまでいっても、体をつくったりを考えると今月いっぱいだと思います。最終結論を出すとすると。まだ可能性はゼロではないですけど…。

ボビーオロゴンのMMA戦績歴

ナイジェリア出身のボビーは、2004年大みそかのK―1「Dynamite!!」で総合格闘技(MMA)デビューし、シリル・アビディに判定3―0で勝利した。

この年から4年連続で大みそか大会に出場。05年には大相撲の元横綱曙に判定勝ちして世間をあっと言わせた。

しかし06年はチェ・ホンマンに1R16秒でTKO負け、翌年はボブ・サップに1R4分10秒でKO負けを喫した。

戦績はMMAで2勝2敗、K―1ルールで1敗だった。参戦が実現すれば、MMAの試合はサップ戦以来となる。

私生活のトラブル

最近は私生活のトラブルでお茶の間を騒がせた。昨年5月、さいたま市内の自宅(当時)で妻に「ボコボコにするから」と、左のほおを右手の指で突く暴行を加えたとして、埼玉県警に現行犯逮捕。その後、在宅起訴され、今年5月にさいたま地裁から暴行罪で罰金10万円の判決が言い渡された。

それ以降目立って芸能活動を行っていなかったが、9月16日に自身のユーチューブチャンネル「ボビー・オロゴン【公式チャンネル】」を開設し、芸能活動再開を報告していた。

なお、年齢に関しては48歳、55歳など各説あるが、ボビー本人は「正確には分からない…」と話している。