ニュース

トランスジェンダーの選手(元男性) | 女子世界記録を大幅更新

トランスジェンダーの選手(元男性)が女子世界記録を大幅更新

米国で行われた大学生による競泳の大会で、トランスジェンダー選手が女子記録を更新し、物議をかもしている。

米「ニューヨーク・ポスト」によると、ペンシルベニア大学の学生でトランスジェンダーのリア・トーマスは、大会で女子200メートル自由形と500メートル自由形に出場。ともに同大の新記録で、NCAA(全米学生体育協会)女子選手権に当てはめると2、3位に入る好成績をマークした。

しかし、トーマスが2019年11月に男性として大会に出場しており、議論を呼ぶ結果に。スポーツパフォーマンスコーチのリンダ・ブレード氏はツイッターで「女性の記録が破られるのは当然。リアはNCAAで最初の3年間は男性として競技していた。これは間違っています」と主張。同様の声が上がっているという。

東京五輪では、トランスジェンダーの重量挙げ選手、ローレル・ハバード(ニュージーランド)が出場し議論を呼んだ。

格闘技界でも同じような現象が起こりつつある

 

 

重量挙げでも同じようなことが起こっている

重量挙げ 女子87キロ超級
ニュージーランドのハバード(元男性 性転換手術済み)

RELATED POST