格闘技ニュース

RIZIN | 久保優太と妻のサラが〝話し合い〟

久保優太と妻のサラが〝話し合い〟

格闘家・久保優太が昨年大みそかに行われた総合格闘技イベント「RIZIN.33」で、ユーチュバーで総合格闘家のシバターに敗れた試合に関し、妻でタレントのサラと〝話し合い〟を行った。

この試合では、シバターから久保に向けて〝ヤラセ〟を持ちかけていたことが発覚。証拠のスクリーンショットや音声も流出し、ともに「台本」の存在を認めるなど、物議を醸した。

久保ちゃんを試合前支えられなくてごめんね

久保は冒頭で「いろいろ世間を騒がせてしまって、サラちゃんを巻き込んでしまって、サラちゃんまで謝罪をさせてしまって、本当に申し訳ないって言うか、ごめんね」とサラに謝罪。サラも「いいよ。サラも久保ちゃんを試合前支えられなくてごめんね」と謝り返した。

話は試合当日に及び、サラは「あっけなかったっていうか、久保ちゃんの熱が見えなかった。そのまま終わっちゃってあれ、今の何だったんだろ?って。何も聞いていてなかったから、驚きって感じだったけど、その後、そういう内容聞いて、あ、そういうことかって思ってた」と回顧。

その上で「優しさにつけこまれたっていうさ、つけ込まれた人がもちろん悪くなっちゃうんだけども、優しさがあるってことだからさ」と久保を慰めつつ、「つけ込んでくる人って、今後の人生いっぱいいるから、それは気をつけよう」とたしなめた。

久保は「それなんだよね…。僕、今までめちゃめちゃ騙されてきたじゃん。詐欺されたり利用されたりとか結構あって、サラちゃんに相談して、そういうのがなくなったんだよね。サラちゃんが処理してくれてた」と告白。

「今回、サラちゃんに僕がしっかりと相談せずに、こういう風に試合を迎えてしまったっていうのが一番原因。それでこういう事態になっちゃった」と悔やんだ。

スポンサーら関係者への謝罪や説明といった責任

復帰を希望するファンの声については、スポンサーら関係者への謝罪や説明といった責任を果たしてから考えると久保。サラは「今までお互い、ずっと何でも話し合ってきたじゃん。サラは買い物は勝手にするけど、それ以外はお互い話し合ってきたじゃん。だから、ちゃんとお互い話し合っていけるように、これをきっかけになろう」と久保に呼び掛け、「魂の友だ」と拳を差し出すと、久保もほほ笑みながら拳を合わせ、グータッチで動画を締めくくった。

 

RELATED POST