格闘技ニュース

武居由樹「那須川天心VS武尊は自分的にはやってほしくなかった」

武居由樹が「自分的にはやってほしくなかった」

武居はK-1ワールドGPスーパーフェザー級王者の武尊がK-1フェザー級王者の軍司泰斗とエキシビションマッチを行うK-1東京体育館大会(27日)の生中継でゲスト解説を務める。

武尊は6月にキックボクシングのRISE世界フェザー級王者の那須川天心とのドリームマッチが控えており、武居は勝敗予想について問われると、「よく聞かれるんですけど、どっちも負ける姿が想像できない。武

尊選手はK-1ファイターとして応援しますし、ボクサーとしては天心選手(武尊戦後にボクシング転向)に無敗できてもらってボクシング界を盛り上げられたらというのもある。ある意味、自分的にはやってほしくなかった。どっちも負けてほしくない」と複雑な心境を語った。

RELATED POST