ニュース

ボクシング | 亀田家が勝訴 | JBCに一審2倍超の1億円の支払いを命じる

亀田家が勝訴 JBCに一審2倍超の1億円の支払いを命じる

日本ボクシングコミッション(JBC)による不当な処分で国内試合ができなくなったとして、元世界王者の亀田興毅氏ら3兄弟側が、JBC側に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は24日、「処分は違法」とした一審東京地裁判決を支持し、JBC側に計約1億円の支払いを命じた。賠償額を一審の4550万円から2倍以上増額した。

JBCは会長とマネジャーの資格更新を認めない処分

判決によると、2013年12月、次男大毅氏の2団体王座統一戦で、対戦者が事前計量で失格となった。試合は開催され大毅氏が敗戦。この場合、大毅氏の王座が保持されるか否かで混乱が生じた。

JBCは「空位になる」との見解だったが、亀田ジムのマネジャーらは記者会見を開き、保持されると主張。JBCは「信用を損ねた」として14年2月、会長とマネジャーの資格更新を認めない処分をした。

RELATED POST
ニュース

小室圭氏 | 眞子さまは離婚しても『実家に戻れない』 | 一時金の辞退は結婚に反対する声をかわす表向きの措置で、実際は秋篠宮家からそれ相応のお金が拠出されている | 小室圭氏は超VIP帰国 | 皇族や元皇族が集われる菊栄親睦会にも小室さんも将来お生まれになるお子さんも参加されることになる

格闘技のことならファイトトリップ – FightTrip – | 格闘技を溺れよう!