ニュース

制御不能の中国大型ロケットが31日未明に落下の可能性

中国大型ロケットの残骸 31日未明にも地上に落下の可能性

ロイター通信は専門家の話として「残骸は制御不能で、正確な落下地点を予測するのは現時点で困難」であり「可能性はかなり低いが、人口密集地に落下する恐れも否定できない」との見方を伝えています。

中国のロケット残骸の落下は3度目

長征5号Bは無制御状態で地球へ落下し始めた。落下する地点は不明。中国が自国のロケットステージから発生した宇宙ごみを適切に処理していないと批判されるのは3度目となる。カナダ・ブリティッシュコロンビア大学のマイケル・バイヤーズ教授は「これは重さ20トンの金属の物体だ。大気圏突入時に分解するが、かなり大きな破片を含め、多数の破片が地表に到達するだろう」と指摘した。

日本には落下の可能性あり

日本もちょうど軌道に入ってる模様。何処に落ちるかは突入時間次第とのこと。

RELATED POST