格闘技ニュース

RIZIN | 北村克哉氏が急死

ボビー・オロゴンとも対戦した北村克哉氏が急死

元新日本プロレスのプロレスラーでボディ―ビルダーの北村克哉さんが12日に死去していたことが本紙の取材で明らかになった。死因は不明。36歳だった。

関係者によると北村さんは同日に体調に異変を感じ、自ら救急車を呼んで病院へ。その後に容体が急変したという。

北村さんはレスリングのグレコローマン96キロ級で全日本選手権3連覇を成し遂げた実績を引っ提げて2017年に新日本でプロレスデビューを果たした。

筋骨隆々の肉体とパワーファイトを武器に同年の「ヤングライオン杯」を優勝するなど将来を嘱望された。しかし、18年3月の茨城大会で脳振とうを起こして欠場。練習中のケガを理由に19年1月31日をもって退団した。

RIZINでも活躍

プロレス引退後はボディービルの大会に出場する一方で、昨年11月には「RIZIN.32」(沖縄アリーナ)に参戦し総合格闘技デビュー。ボビー・オロゴンと対戦し、2ラウンド(R)2分34秒、リアネイキッドチョークで一本負けを喫していた。

ユーチューバーとしても「バルクアカデミー北村克哉」のチャンネル名で活動。9日に最新の動画を投稿したばかりだった。

SNSの声

本当に悲しい。

厚生労働省には医療行為以外のステロイドは禁止にしてもらいたい。

最近では某有名選手が透析を受けなければいけない身体になってしまったし、古くはマッスル北村さんも故人に。

筋トレもやり過ぎは絶対に良くありませんね。健康のためのトレーニングでないといけない。

 

RELATED POST